債務整理〜特定調停の特徴〜

お金

多重債務の人が債務の軽減をするには債務整理が有効ですね。債務整理には4つの種類がありますがその中の一つに特定調停というのがあります。これは任意整理や自己破産、個人再生などの債務整理と比べるとあまり知られていませんね。

特定調停というのは、簡易裁判所で調停委員に協力してもらい債務者が債権者と借金の減額や将来の分割払いの条件を交渉する方法です。任意整理も債務者と債権者が交渉しますが、個人であるいはや弁護士を通して交渉を行います。特定調停は簡易裁判所が関係するという点で任意整理とは違っています。

特定調停の申し立てをすると任意整理の時と同じように債権者からの督促が停止します。手続は簡単で弁護士や司法書士に依頼しなくても自分ですることができます。ただ、調停が成立するとその内容に従った返済をする必要があり、返済を怠ると給料等の差押されることがあるので、ゆとりのある返済計画を立てて確実に返済する必要があります。また、他の債務整理と違う点は、調停期日に月に1回の割でに何回か裁判所に足を運ぶ必要があるということです。

特定調停は弁護士に依頼して任意整理をするよりも費用は安くなりますが、デメリットもあるので専門家に相談してから決めるようにしてください。
債務整理をしなくて済むようにお金の管理はきっちりしておくべきです。また、闇金からお金を借りる人も年々増えているので注意が必要です。お金を借りる場合は三井住友銀行などの銀行カードローンが安心です。詳細→安心の銀行キャッシング※三井住友銀行カードローン申込みはコチラ