債務整理〜個人再生について〜

債務整理の中には個人再生というのがあります。個人再生は自己破産と同じように裁判所に申し立てをしますが、自己破産のようにすべての債務が無くなるわけではなく、債務を5分の1程度にしてもらえるというものです。それを3年で支払いますが、特別な事情があれば、5年に延長してもらうこともできます。
債務が原則5分の1になるので返済が楽になりますし、住宅や車などの財産を手放さずに済むという点で自己破産よりもメリットがあります。個人再生の開始後は債権者が給料を差し押さえることができなくなります。

ただ、自己破産とは違い、返済を継続できる収入がないと個人再生の手続きができません。それから自己破産と同じように住所氏名が、「官報」に掲載されます。自宅を手放したくなくて返済できるだけの収入があるなら個人再生という選択肢になりますね。でも、自己破産しても住宅を手放さなくてもいい裏ワザもあるので、まずは専門家に相談してみてください。